トップ

バイクの交通事故の相談

バイクの交通事故は弁護士に相談

交通事故解決は弁護士相談

先日、ツーリング中にバイクで事故に遭ってしまいました。左折する車の不注意で足を巻き込まれて骨折。動くことができず、ひとまず入院せざるを得なくなってしまったのです。それなのに、相手から告げられた慰謝料の額があまりにも低く、どうすれば良いのかずっと悩んでいます。

警察や保険会社への連絡はその場ですぐに行われました。相手方の対応は迅速であり、その部分に関しては誠意を感じることができました。しかし、肝心の慰謝料に関しては、相手から告げられた金額があまりにも低く、怒りを通り越してあきれてしまう結果となってしまいました。

基本的に、保険会社が提示する慰謝料は少なめになっているのが通常のようですが、それにしても足を骨折してしまったことへの補償と考えると少なすぎます。足の骨折はダイレクトに日常生活に影響を及ぼしてしまいますし、普通の生活を送ることは困難になってしまいます。もちろんバイクも乗ることができません。そのことに対する補償のような意味合いも大きい慰謝料は、適正な金額をもらいたいところです。

慰謝料についての知識はあまりなかったのですが、あまりに予想外な金額に自分で調べてみました。一般的に慰謝料を決定するには「弁護士基準」、「自賠責基準」、「任意保険基準」といった基準をもとに決められます。任意保険の約款には「法律上の損害賠償金を支払う」と記載されているのみで、具体的案決定方法までは記載されていません。このため、現実的には自賠責基準を保険会社が独自に判断して決定しています。

保険会社から提示された慰謝料が低い場合、保険会社の慰謝料の額は「自賠責基準」、「任意保険基準」から算定されています。この基準は金額が低く、そのために保険会社が提示する額は本来もらえるはずの弁護士基準の金額よりもかなり低く算出されてしまうのです。

査定の実績を確認すると、一般的には自賠責基準と弁護士基準の中間、または、自賠責基準よりの慰謝料となることが多いようです。今後のためにも、しっかり取れる分の慰謝料は取っておくべきだと感じたため、慰謝料の基準に関してもっと調べてみました。

交通事故の慰謝料を最もしっかりもらうことができるのは、「弁護士基準」による算出方法で慰謝料を計算した場合です。弁護士基準は、裁判所の考え方や実際の裁判による判例などを元にして計算する方法であり、実際に裁判に持ち込まれた場合の金額を当てはめて考えています。ですから、事例ごとに最も適正な金額をもらうことが可能となるのです。

弁護士基準は最も慰謝料の額が低くなる「自賠責基準」、そして「任意保険基準」と比べると金額が跳ね上がっており、一見もらいすぎのようにも見えます。しかし、判例などを参考にしている金額であるために、本来このもらいすぎに思える額が適正な慰謝料の額なのです。ですから、遠慮などをすることなくもらってしまって問題ない金額だと言えるでしょう。

弁護士基準は実際に弁護士に相談をすることで適用が可能となる基準ですが、弁護士に相談する際にも任意保険によっては「弁護士特約」が付いている場合があり、特約を利用すれば弁護士費用を被害者側が負担する必要もありません。ぜひとも弁護士に相談し、適正な金額の慰謝料をもらえるように働きかけてみましょう。

交通事故の相談はこちらから 絶対泣き寝入りしない!交通事故問題解決のための弁護士相談ガイド 交通事故の弁護士選びにお悩みの方はこちらのサイトがおすすめです

Copyright © バイクの交通事故は弁護士に相談 All rights reserved